29歳男 豚さんとの思い出は動画を見る事で解消

 

29歳男 豚さんとの思い出は動画を見る事で解消

こんにちは。

僕は29歳の男性です。

職業としてっは現在、自営業(フリーランス)をしております。

 この豚さんとの出会いとしては、友達の家が養豚場を経営していたことから始まりました。

 肉豚として出荷されるはずだったのですが、僕が養豚場に遊びに行った時に、とても僕に懐いてくれた豚さんだったのです。

 運命を感じてしまい、直談判して僕が飼う事にしたのです。

豚さんの名前としては、「ブーちゃん」(そのまんまかい(笑)) ブーちゃんとは8年くらい一緒に暮らしました。

とても人懐っこい子であり、可愛い子でした。

 ちょっといじける顔や姿も、これまたキュートでした。

ところが、老衰であの世に旅立ってしまったのです。

 それからというもの僕は心身ともに悲しみによって病んでしまっておりました。

でも、僕は生きなくてはいけません! そこで「どうしたらこの悲しみを乗り越えられるのか?」考えてみました。

 考えた結果としては、「ブーちゃんと一緒に撮影した動画がある!」と思い、動画を見てみる事にしました。

 そうすると今までの落ち込みは嘘のように、心身ともに元気になっていくのが自分でわかりました。

 本当にメンタル的な事って大きいと痛感した一コマでもあります。

 この時の心情としては、「その動画の中からブーちゃんがひょっこり現れそうな」感覚になりました。

 ですが残酷なもので、ブーちゃんはあの世です。

このなんとも言えない感覚に、少し辛かったのも事実ですが、毎日ブーちゃんの動画を見ていると、やる気も元気も取り戻すことができました。

 そして、ブーちゃんは「僕が落ち込んでいる姿なんか見たくないよな」と思えるほどにメンタル的には回復しました。

 後悔していることといえば、もっとブーちゃんと遊んでやれば良かったと思いましたし、甘えてきたブーちゃんを優しく抱きしめたり、撫でてやりたかったと思いました。

 仕事が忙しかったり、日常の生活に追われて、ブーちゃんに構う事を疎かにしてしまったのも事実です。

 最後になりますが、僕からのアドバイスとしては「ペットとの時間を大切にしてください!」としか、言いようがないのです。

 ペットの一つ一つの仕草、性格、好きな食べ物、嫌いな食べ物、好きな遊び方、好きな飲み物、等を把握してあげて、ゆっくりゆっくりでいいから、思い出を作ってみてくださいね。

 その思い出を動画か写真に記録させることも忘れないでください。

 ペットが旅立った時に、その記録が絶対にあなたの力になってくれるはずです。

 そしていつの日か、ペットロスを解消する事が出来る事を祈っております。