52歳女性 新しい家族を迎えて罪滅ぼしする毎日

 

52歳女性 新しい家族を迎えて罪滅ぼしする毎日

五十代の女性です。

私の父親は日本犬が好きで、子供の頃から犬はほぼ途切れず飼っていました。

そんな父が病に侵され苦しんでいた時、長年飼っていた老犬も父と同じような症状になってしまいました。

父はその時は幸いにも快方に向かったのですが、入院先から外泊を認められ帰る予定だった前日に、犬の方が天に召されてしまったのです。

次の日に帰宅した父は息絶えた犬に寄り添い、肩を落としていました。

まるで、父の身代わりのように天国へ旅立ってしまった老犬・・父親の落胆ぶりは凄まじく、子供達で相談し、父親が退院した時に、仔犬を新しい家族に迎える事にしました。

そして、良心的なブリーダーさんから一匹の豆柴犬が我が家にやってきました。

名前は当時デビューしたての人気アイドルグループ「嵐」からいただき、アラシと名付け、庭で一緒に遊ぶ事が父にとってのリハビリになっていたのですが、その父もアラシが一才になる前に他界しました。

以後、アラシの飼い主は私になり、そして人間ひとりと犬一匹の生活がはじまりました。

父は犬を玄関までしか入れませんでしたが、私はアラシを室内で飼う事にして座敷犬にしてしまい、夜も一緒に寝ました。

当時私はまだ30代で、親戚にアラシを預けて長期海外旅行に行ったことで、アラシは「分離不安症」になり他人にはなつかない犬になってしまいました。

それからは出来るだけ寄り添って暮らし、どこに行くにもほぼ一緒という生活でした。

あまりこだわってはいなかったのですが、アラシは血統書つきの犬でしたので、機会があればお見合いをして仔犬を生ませたいと考えていたので去勢をしなかったのですが、残念ながらその機会は訪れませんでした。

年月が経ち、アラシが10才になったころ、健康診断で睾丸に腫瘍ができている事がわかり手術したのですが、手遅れだったようで間もなく再発し、11才になってすぐの頃に再手術をしましたが、心臓が持たず、そのまま息を引き取りました。

私も手術中に亡くなるとは露にも思わず、突然の別れにしばらくは呆然としましたが「家に帰ろう!」と毅然として、自分で運転してアラシの亡骸を家に連れて帰りました。

私が去勢させていればと本当に後悔しました。

この年は東日本大震災が起こった年で、東北ではない私の地元の動物保護施設にもたくさんの被災犬が避難していて、被災犬ではなくとも一匹でも譲渡してもらえれば、間接的に役に立てるのではと考え、施設にいた柴犬を迎えました。

あえて問題有りの犬を選び、この仔の面倒を見る事でアラシを長生きさせてあげられなかったせめてもの罪滅ぼしになればと今でも思ってます。

 

メニュー

30代・女・新しい家族がペットロスを乗り越えさせてくれた
35歳女 思い出話とぬいぐるみがペットロス解消のカギ
20代 自分の今するべきことをしっかり行うのがペットロス解消のカギに
37歳男ペットを飼って良かったことと別れのつらさ
31歳女性 息子の存在がペットロスの悲しみを癒しました。
34歳 女性 中庭に巡る命を見てペットロスが解消
31、女性、夜間ウォーキングで、月のうさぎとお話をするのがペットロス解消法
50歳女性 ペットロスは自分ではどうしようもなくただただ時間が癒してくれました
31歳男 ペットロスの後悔から立ち直らせてくれた詩
29歳女 青春時代の愛猫のペットロスについて
52歳女性 愛猫のメッセージで癒やされました
35 男 新しい猫を拾ってペットロスを解消した
47歳・女性「訳あり犬を我が子にして命を救ってペットロス克服」
61歳 男 愛犬との別れを克服する手段は仕事に打ち込むこと
41歳男性 愛犬に、自分がしてあげれることをしてあげれた
18歳からの13年間セキセイインコと過ごしました
24歳女 新しくペットを飼う
36歳男 時の経過が、一番悲しみをいやしてくれました
36才女、ペットロスは新しいペットで埋めるしかない
41歳男 新しい彼女がペットロスを解消してくれた
40代女性、新しい愛犬と暮らしがペットロスを解消してくれました
37歳 男 8年の愛猫 姉の喝で立ち直る
あの子ほどカワイイ猫はいないなあ
10歳、女 時間の経過とともにいい思いでとして思えるようになった
30歳女 夢の中に現れたペットから感謝のイメージを受けて前に進んだ
37歳 女 亡くなった子に似た子をお迎え
お墓が私のパワースポット
愛犬との別れを経験して
36歳女 犬と猫のペットロスから立ち直ったきっかけ
34歳 女 時間ぐすり
31歳男 1年の年月と大学進学を機にペットロスを解消した
アラフォー男性 克服したのかなあ
40代女性、親友だったあの子と、お別れの儀式
元気になった金魚が突然死んでしまった話
25歳女、愛犬の死をどう捉えるかによって道は拓ける
42歳女性、家族でペットのエピソードを思い出し、笑い合っています
46歳 女性 周りにも視野を向けてペットロスを解消
27歳女、新しい思い出を新しい家族と作りました
20歳女性、心の中にいる愛犬と生き続けていくと誓いました
28歳女性 スマホで撮影した画像をみた
41歳+男性+気持ちを切り替えて解消
37歳男性 においの染みついたタオルでペットロス克服
51歳 女性 動物のぬいぐるみがペットロスを解消してくれた
44歳男性、新しいハムスターがペットロスを癒やしてくれました
49歳、男性、ペットロスを解消するためには時間だけが必要でした
41歳女 彼の死を生かして生きていく
27歳女性、撮りためた写真と動画が前向きな気持ちに導いてくれた話
33歳男 時間の経過がペットロスを解消してくれた
47歳女性新しい子猫を譲渡会で譲り受け飼い始めました
25歳女 長い時間をかけゆっくりと覚悟を決めさせてくれた
30歳女 子供の頃からの愛犬を失った時の悲しみから復帰まで
49歳・女性・お墓の花壇と他の動物が癒してくれました
48歳女性食べてペットロスを解消しました
47歳男 飼っていた金魚たちは死んでも楽しかった思い出は死なない
28歳女 楽しかった思い出の写真の整理で気持ちも整理しました
44歳 女性 再び犬を飼うことでペットロスを解消できた
54歳 男性 結局、月日の経過が解決してくれるしかなかった
32歳女 最愛であるデグーマウスとの死別から立ち直ったブログ
25歳男性 自分がペットの存在価値を高める
48歳女 ユーチューブの動画が悲しみを癒してくれた
44歳女 家族みんなで振り返ることがペットロスからの解消になった
52才女性観葉植物を育てる事で猫への愛情を植物に例えることが出来た
40歳男 新しい彼女ができてペットロスを解消
28歳女 デグーとの別れを育児が癒してくれた
22歳大学生 気持ちを外に発散してペットロスを克服
28歳女 残った二匹との生活
31歳女 猫を失った悲しみは猫が癒やしてくれた
42歳・女・とことん哀しみを認めることで解消できる感情
32歳女性妊娠でペットロスを克服した