27歳女性、撮りためた写真と動画が前向きな気持ちに導いてくれた話

 

27歳女性、撮りためた写真と動画が前向きな気持ちに導いてくれた話

私が小学校1年生になった年に、家に新しい家族がやってきました。

ミニチュアダックスフンドの男の子です。

物心ついた時から、ずっと犬が好きで「いつか犬を飼いたい」と、うるさいくらいに両親に何度も何度もお願いをしていました。

また、出かけた先でペットショップがあると、必ずショーケースの前まで足を運び、飼う予定が決まっている訳でもないのにただ眺めるといった、少々店員さん泣かせ?な行動もしてきました。

そのような中で、「犬を飼う」という夢がやっと叶ったので、とにかく嬉しかったです。

学校から帰ったら、ケージが置いてあり、眠っている犬を見つけた時は、漫画のように「これって夢なのかな」と、現実に起きていることとは思えないくらい衝撃を受けました。

家に来た時は、まだ子犬だったので本当に小さく、そして寝ている時間が多かったです。

可愛くて仕方がない私は、犬の体を「ツンツン」と優しくつついてみたりと、家にいる間はほとんどそばを離れませんでした。

見かねた母に諭されてからは、ちょっかいを出したい気持ちを抑えながら、とにかく犬を眺めていました。

学校から帰ると、いつも尻尾を振って迎えにきてくれることがとにかく嬉しくて、いつも家に帰るのが楽しみでした。

朝や夕方の散歩は、母や姉、父が休みの時は父と行ったり、犬の散歩の時間を通して、家族でのコミュニケーションの時間も増えました。

しつけ担当は主に母や父だったのですが、とにかくやんちゃな子だったので、最初はしつけに苦労している様子でした。

スリッパをビリビリに破いたりと、いたずらっ子な一面も多々ありましたが、末っ子の私にも優しく接してくれる子でした。

私が泣いていた時は、スッとそばにやってきてぴったりと体を寄せてくれる、人の気持ちに寄り添える、心優しい子で何度も助けられました。

家に来てから10年が経つ頃、悪性のリンパ腫で亡くなりました。

ものすごく大きな喪失感を感じました。

撮りためた写真や動画を見返すことで、時間はかかりましたが、どこかで見守ってくれていると信じ、明るく前向きに生きようと思えるようになりました。