41歳男性 愛犬に、自分がしてあげれることをしてあげれた

 

41歳男性 愛犬に、自分がしてあげれることをしてあげれた

41歳男です。

我が家には、ボーダーコーリがおりました、最初にきたのは、13年ぐらいまえです。

赤ん坊のまま来ました、なかなか、しつけの難しい犬でしたが、大変頭のいい子でした、3歳ぐらいには、小さい子供より、頭がよくなっている感じでした、小さい子供も一緒に住んでいるのですが、子供を守るようなしぐさは、番犬として、とてもかわいくもあり、家族の一員に、いつのまにかなっておりました、休日は、どこへいくのにもいっしょでした、おもに、大きな公園が多かったです。

家でお弁当をつくり、車にのりこんで、出発です。

公園では、子供とじゃれたり、私とフリスピーで遊んだりします。

犬がはいっていい、プールにもつれていったりして、楽しい思い出をつくったものです。

散歩も毎日朝、出勤前には1時間ほどつれていったあげました、私のウオーキングにもなって、ちょうどよかったです。

愛犬家の方たちともウオーキングでしりあって、人間関係の幅が広がりました、ただ犬の寿命は、人間とくらべて、ずいぶん短いのです。

10年から15年ぐらいだといいます。

11歳になったころから、散歩も行かず、家に伏せるようになりました、動物病院にもつれていきましたが、そろそろ、年だということでした、やがて、12歳になるころには、ご飯をたべなくなってきました、そうして、痙攣までおこすようになりました、動物病院の先生は、年だといって、どうしようもないといわれました、私にしてあげることはなにかな?と自問自答して、家で看取ることにしました、数日後、私は近くで寝ていましたが、起きたら、息を引き取っていました、私は、愛犬との思い出を、思い出し、涙をながし、しばらくの間、放心状態になりました、犬は、火葬して返骨してもらって、庭にうめてあげました、これからも、ずっといっしょです。

放心状態になりましたが、してあげられることは、全部してあげた、愛犬も天国でよろこんでいるはずと、自分を言い聞かせて、ペットロスから立ち直ったのです。