47歳・女性「訳あり犬を我が子にして命を救ってペットロス克服」

 

47歳・女性「訳あり犬を我が子にして命を救ってペットロス克服」

現在40代後半の主婦で、小さい時からいつも犬と一緒の生活が当たり前の家庭で育ちました。

今から12年前に、大型の新築マンションに引越しをしたのですが、昼間は当時1歳の娘との生活で、見知らぬ土地ですし、友達もいないので、うつ病になりました。

たまたま出かけたホームセンター内にペットショップがあり、犬嫌いの主人が飼うことなんて許してくれないと思っていると、腸ヘルニアで売れ残っていて、しょんぼりとしている白いロングコートチワワと出会いました。

ちょうど引越しをしたマンションが「ペット飼育可能、ただし小型犬に限る」となっていたので、主人も私の病気が少しでも楽になればと、飼うことを許してくれて、我が家に連れて帰りました。

名前は「いちご」と名付けて、娘の妹のように可愛がりました。

寂しがりやで大人しく、いつも私の足元にいるかわいい子でした。

ヘルニアは治ったのですが、7歳になり、フィラリアの検査をしている時に、心雑音があることがわかり、エコーなどの検査をしたところ、「僧坊弁膜症」とわかり、投薬での延命しかないと宣言された時は、娘と私で病院で泣きました。

時々、「ゲホ、ゲホ」と咳き込みが激しい時があり、気にはしていたのですが、この激しい特有の咳き込み方が「僧坊弁膜症」のワンちゃんがすることと知りました。

咳き込みがひどい時に、もう少し早く連れて行って、診察を受けていれば、よかったのかと思うと、そうではなく、僧坊弁膜症を発症すれば、もう延命措置しかないと説明を受けると、もう大事にするしかないと決めました。

毎日1回薬を飲ませて、薬が切れそうな時に診察に連れて行く生活が3年間続きました。

薬がなくなれば、心臓の弁膜が止まって死んでしまう、その恐怖が毎日続きましたし、薬を飲ませていても、完全な延命措置ではありませんから、毎日毎日が愛おしくてなりませんでした。

しかし、別れは突然やってきました。

ちょうど中学受験をする娘の出願日の前日(2016年12月22日)に、「ママ、いちごちゃんの様子が変だよ」というので、様子を見ていると、おすわりをしていてもフラフラしているので、翌日に受験の出願はインターネットからできるので、出願を済ませてから病院へ連れて行くことにしていました。

そして翌日の12月23日、パソコンに向かって娘とネット出願をしていたのですが、突然いちごちゃんが倒れて泡を吹き出しました。

これは危険と判断して、近所に住む実家の父に車をお願いして、動物病院にも緊急診察の連絡をいれ、私がいちごをタオルで包んで抱っこして、急いで動物病院へ向かいました。

しかし、車の中で痙攣を起こして、泡をますます口から出して、冷たくなっていき「いちごちゃん!もうすぐ病院で先生に診てもらおうね」と声をかけましたが、車内で息を引き取り、動物病院で死亡確認をしていただき、泣きながら帰宅して、ペット専門の火葬会社に火葬をお願いしました。

延命しかなく、健康体に戻ることは絶対にないと宣言されて覚悟はしていのですが、突然の別れで、そして自分の胸の中で息を引き取ったので、かなりショックで泣きました。

娘の中学受験もあって、精神面に影響がでないか心配しましたが、「いちごちゃんのために、頑張る」とその後勉強を頑張り、見事志望校に一発合格をしました。

合格したのはよかったのですが、いつもいた「いちごちゃん」がいないということで、時々涙を流す娘には心が痛みましたし、私もふとした時に、自分の胸の中で死んだ「いちご」の顔を思い出すと、涙が止まらず、中学校の準備で出かけるのもつらくて、普段の生活も何もしたくないと感じました。

そして、4月に娘が中学校に入学してから、ふとペットショップに立ち寄った時に、「いちご」と同じような境遇のチワワの子を見かけたのです。

その子は、「目立たないうけ口」ということで、血統はいいのに、うけ口という理由で売れなくて、もう売れなければペットショップの人が引き取ることになっていたということを、店員さんから聞き、娘が抱っこして、いろいろと話を聞いていると、すっかり娘になついてしまい、ついに「いちごちゃんがまた来てくれた!この子を妹にしたい!」と言い出しました。

主人とどうしようかと悩んだのですが、ワンちゃん自体も娘にすぐになついて、離れたくないとぴったり寄り添うので、そのワンちゃんは「いちごちゃんの生まれ変わり」として、我が家の子にすることにしました。

しかし、その後、この引き取った子が食物アレルギーもちとわかり、病院でしか買えないフードで生活させているのですが、ひとなつっこい性格で、「いちご」とはまた違う性格なので、娘にも笑顔がもどり、私もふとしたことで涙を流したり、日常生活に不便さを感じなくなりました。

新しい子を迎えることで、ペットロスを解消するというのは、いいのかどうかはわかりませんが、「いちご」も障害を持っているということで、我々と出会い、そして新しくやってきた「マロン」は食物アレルギーとうけ口というハンディキャップを持っているので、我が家には、そういう訳ありの子がやってくるというご縁があるのかもしれません。

ハンディキャップをもつ犬を嫌がる人は多いと、店員さんからお聞きしましたが、私は、ハンディキャップをもつ犬ちゃんとの出会いで、かわいそうな子を救ってあげて、ペットロスを克服しているのだと感じます。

犬好きですし、保護犬にも興味はあり、もし余裕があれば、保護犬を我が子として引き取って、大事にしてあげたいです。

保護犬・保護猫を引き取ることも、ペットロスを乗り越える方法かもしれません。

 

メニュー

30代・女・新しい家族がペットロスを乗り越えさせてくれた
35歳女 思い出話とぬいぐるみがペットロス解消のカギ
20代 自分の今するべきことをしっかり行うのがペットロス解消のカギに
37歳男ペットを飼って良かったことと別れのつらさ
31歳女性 息子の存在がペットロスの悲しみを癒しました。
34歳 女性 中庭に巡る命を見てペットロスが解消
31、女性、夜間ウォーキングで、月のうさぎとお話をするのがペットロス解消法
50歳女性 ペットロスは自分ではどうしようもなくただただ時間が癒してくれました
31歳男 ペットロスの後悔から立ち直らせてくれた詩
29歳女 青春時代の愛猫のペットロスについて
52歳女性 愛猫のメッセージで癒やされました
35 男 新しい猫を拾ってペットロスを解消した
61歳 男 愛犬との別れを克服する手段は仕事に打ち込むこと
41歳男性 愛犬に、自分がしてあげれることをしてあげれた
18歳からの13年間セキセイインコと過ごしました
24歳女 新しくペットを飼う
36歳男 時の経過が、一番悲しみをいやしてくれました
36才女、ペットロスは新しいペットで埋めるしかない
41歳男 新しい彼女がペットロスを解消してくれた
40代女性、新しい愛犬と暮らしがペットロスを解消してくれました
37歳 男 8年の愛猫 姉の喝で立ち直る
あの子ほどカワイイ猫はいないなあ
10歳、女 時間の経過とともにいい思いでとして思えるようになった
30歳女 夢の中に現れたペットから感謝のイメージを受けて前に進んだ
37歳 女 亡くなった子に似た子をお迎え
お墓が私のパワースポット
愛犬との別れを経験して
36歳女 犬と猫のペットロスから立ち直ったきっかけ
34歳 女 時間ぐすり
31歳男 1年の年月と大学進学を機にペットロスを解消した
アラフォー男性 克服したのかなあ
40代女性、親友だったあの子と、お別れの儀式
元気になった金魚が突然死んでしまった話
25歳女、愛犬の死をどう捉えるかによって道は拓ける
42歳女性、家族でペットのエピソードを思い出し、笑い合っています
46歳 女性 周りにも視野を向けてペットロスを解消
27歳女、新しい思い出を新しい家族と作りました
20歳女性、心の中にいる愛犬と生き続けていくと誓いました
28歳女性 スマホで撮影した画像をみた
41歳+男性+気持ちを切り替えて解消
37歳男性 においの染みついたタオルでペットロス克服
51歳 女性 動物のぬいぐるみがペットロスを解消してくれた
44歳男性、新しいハムスターがペットロスを癒やしてくれました
49歳、男性、ペットロスを解消するためには時間だけが必要でした
41歳女 彼の死を生かして生きていく
27歳女性、撮りためた写真と動画が前向きな気持ちに導いてくれた話
33歳男 時間の経過がペットロスを解消してくれた
47歳女性新しい子猫を譲渡会で譲り受け飼い始めました
25歳女 長い時間をかけゆっくりと覚悟を決めさせてくれた