52歳女性 愛猫のメッセージで癒やされました

 

52歳女性 愛猫のメッセージで癒やされました

私は埼玉県に住む50代の女性です。

パートをしながら年老いた母と実家暮らし。

20代の頃から猫がいる生活を続けてきました。

最後に亡くなったトラ猫のサンちゃんで3匹目ですが、初めてペットロスになりました。

サンちゃんは会社の人から譲ってもらった子で本当に大人しく、手のかからない子でした。

ご飯はカリカリしか食べないし食卓からものを失敬することもない、壁を引っ掻いたりすることもしない。

つまり人間にとって困ったことをまったくしない猫でした。

本当に一緒にいてこれだけ楽な猫は初めてで、私達親子はサンちゃんを可愛がるだけ可愛がってきました。

そんなサンちゃんも14才になりそろそろ足腰が弱ってきたなぁと感じていた頃、でも前の猫よりも病気一つせず元気だったのでまだまだ数年は生きてくれていると信じて疑わなった頃、異変が現れました。

ご飯を食べずにうずくまって動かないのです。

トイレもしていないようだったので、すぐに病院へ連れて行きました。

レントゲンの結果、肺の周りに何か膿のようなものが溜まっていると。

すぐにそれを抜いていただき、入院させました。

翌日お見舞いに行きました。

サンちゃんは声が出せるようになっていましたが、まだまだ弱々しくご飯も食べないということでした。

先生は単純なものではなく、手の施しようがない悪い病気の可能性もありますと言われましたが、私はとにかくサンちゃんが良くなることしか信じられませんでした。

その次の日病院からサンちゃんが亡くなったと報告がありました。

その頃から私の記憶は曖昧なのです。

ハンマーのようなもので頭を叩かれたうな衝撃でした。

ボンヤリした頭で先生のお話を聞いて、眠っているようなサンちゃんの遺体を引き取りました。

ボンヤリしながらお花を買いに行き、火葬の予約をしました。

すべて夢のようでした。

3日前まで元気だった猫がこんなにあっけなく亡くなるなんて…。

とてもじゃないけど信じられませんでした。

でも家に連れて帰ってから翌日固くなったサンちゃんの身体はその死が本当だと言っていました。

ウィルス性の胃腸炎というのがサンちゃんの命を奪ったのです。

猫のとても怖い病気の1つです。

その日から私は生きる屍のようになりました。

何をやっても現実感が薄いというのか…。

とりあえず仕事をして食べて寝ていましたが常にサンちゃんのことが頭にから離れません。

もっと早く気づいてあげていれば、病院に連れて行ったのは正解だったのか、などと考えました。

そして思うのはサンちゃんのいない家はとてつもなく寂しいということでした。

もう一度抱きしめたい、声が聞きたいと思いました。

毎日声をあげて泣きました。

泣き暮らして何が支えになったかと言えば『虹の橋伝説』でした。

亡くなったペットは虹の橋で飼い主を待つというお話です。

もう一度会えるならそれまで生きなければと思いました。

それから夢に出てきたサンちゃんにも助けられました。

私が夢に出てきて!と叫んで寝たら本当に出てきて、テレパシーで会話しました。

何と言ったと思いますか?『んもー何の用?せっかく遊んでたんだから用がないのに呼ばないで!』これには参りました。

サンちゃんは自分の死など気にもとめてなかったのです。

何も変わらないのになんで泣いてるのさという感じです。

この夢のおかげで毎日大泣きすることはなくなりました。

仕事もありがたかったです。

ヒマになると考えて悲しくなるので頭を空っぽにできる場所があって良かったです。

一年くらいはペットロスは続きましたが少しずつ癒えます。

サンちゃんの気配を感じることもありますし、メッセージを受け取ることもありました。

いずれも私を気遣ってくれるメッセージでした。

年があけて付き物が落ちたように楽になりました。

10ヶ月くらいかかりましたね。

今でも寂しいですが生きてるのが辛いということはありません。

今お辛い方も必ず癒えるので大丈夫です。

色々な他のペットを亡くされた方と語るのも良いと思います。

一緒に生きた大切な時間を思い出に変えて、いつか会える日まで生き抜こうと思っています。

 

メニュー

30代・女・新しい家族がペットロスを乗り越えさせてくれた
35歳女 思い出話とぬいぐるみがペットロス解消のカギ
20代 自分の今するべきことをしっかり行うのがペットロス解消のカギに
37歳男ペットを飼って良かったことと別れのつらさ
31歳女性 息子の存在がペットロスの悲しみを癒しました。
34歳 女性 中庭に巡る命を見てペットロスが解消
31、女性、夜間ウォーキングで、月のうさぎとお話をするのがペットロス解消法
50歳女性 ペットロスは自分ではどうしようもなくただただ時間が癒してくれました
31歳男 ペットロスの後悔から立ち直らせてくれた詩
29歳女 青春時代の愛猫のペットロスについて
35 男 新しい猫を拾ってペットロスを解消した
47歳・女性「訳あり犬を我が子にして命を救ってペットロス克服」
61歳 男 愛犬との別れを克服する手段は仕事に打ち込むこと
41歳男性 愛犬に、自分がしてあげれることをしてあげれた
18歳からの13年間セキセイインコと過ごしました
24歳女 新しくペットを飼う
36歳男 時の経過が、一番悲しみをいやしてくれました
36才女、ペットロスは新しいペットで埋めるしかない
41歳男 新しい彼女がペットロスを解消してくれた
40代女性、新しい愛犬と暮らしがペットロスを解消してくれました
37歳 男 8年の愛猫 姉の喝で立ち直る
あの子ほどカワイイ猫はいないなあ
10歳、女 時間の経過とともにいい思いでとして思えるようになった
30歳女 夢の中に現れたペットから感謝のイメージを受けて前に進んだ
37歳 女 亡くなった子に似た子をお迎え
お墓が私のパワースポット
愛犬との別れを経験して
36歳女 犬と猫のペットロスから立ち直ったきっかけ
34歳 女 時間ぐすり
31歳男 1年の年月と大学進学を機にペットロスを解消した
アラフォー男性 克服したのかなあ
40代女性、親友だったあの子と、お別れの儀式
元気になった金魚が突然死んでしまった話
25歳女、愛犬の死をどう捉えるかによって道は拓ける
42歳女性、家族でペットのエピソードを思い出し、笑い合っています
46歳 女性 周りにも視野を向けてペットロスを解消
27歳女、新しい思い出を新しい家族と作りました
20歳女性、心の中にいる愛犬と生き続けていくと誓いました
28歳女性 スマホで撮影した画像をみた
41歳+男性+気持ちを切り替えて解消
37歳男性 においの染みついたタオルでペットロス克服
51歳 女性 動物のぬいぐるみがペットロスを解消してくれた
44歳男性、新しいハムスターがペットロスを癒やしてくれました
49歳、男性、ペットロスを解消するためには時間だけが必要でした
41歳女 彼の死を生かして生きていく
27歳女性、撮りためた写真と動画が前向きな気持ちに導いてくれた話
33歳男 時間の経過がペットロスを解消してくれた
47歳女性新しい子猫を譲渡会で譲り受け飼い始めました
25歳女 長い時間をかけゆっくりと覚悟を決めさせてくれた