ペットの気持ち占い体験談

カブイメージ1

 

こんにちわ!30代前半の未婚女子のマヤといいます。

 

私は親と同居しており、彼はいますが、結婚などの話はでていない、犬好きです。

 

このサイトでは、20代前半の頃から飼っていた愛犬(ミニチュアダックス)が病気により亡くなり、そのショックでペットロスになった私が、ペットの気持ち占いを受ける事により、新しい人生歩むようになったという体験を語っています。

 

ペットロスを解決できない人たちの、せめてもの救いになればと思っています。

 

すこし長くなりますが、愛犬とであった経緯と亡くなるまで、そしてどういう経緯でペットロスが回復したのか?語っていきたいと思います。

 

ミニチュアダックスのカブが我が家にやって来たのは、ちょうど10年前、スタジオジブリの「ハウルの動く城」がヒットした時でした。

 

カブの名前の由来は、「ハウルの動く城」の案山子のカブ。

 

おもちゃで遊ぶとはね回る所が、カブに似ていると、父親が言い出し、私も案山子のカブが好きだったので、そう決めました。

 

カブは、好奇心旺盛で、ひとなつっこく、とても優しい子でした。

 

カブイメージ2

 

私が、会社で上司に怒られ落ち込んでいると、そっと近づいてきて、ちかくに座って、心配そうに、今にも泣きそうにウルウルした瞳で見てきます。

 

「私が落ち込んで泣きそうなのに、カブあんたが何で泣きそうなのよ!」というと、とびついて、顔をぺろぺろしてきます。

 

なんかおかしくなってきて、辛いことが魔法みたいに消えていきました。

 

カブは私だけでなく、家族も癒してくれました。

 

我が家は、父と母の仲が悪く、ささいな事でケンカが始まります。

 

それが嫌で、何度も1人暮らしをしようと思っていました。

 

カブがきてから、そのケンカも徐々になくなってきました。

 

ケンカが始まると、カブは父と母の間に入り、仲裁をします。

 

必死で止めるので、5分ぐらいしたら、父も母も「もう仕方がないな」と笑いながら、仲直りします。

 

しまいには、ケンカをしそうになると、父も母もカブの方を「チラミ」して、また笑い、ケンカを止めるようになりました。

 

カブはいつも笑わせてくれて、いつも前向きに気分にさせてくれました。

 

いつのまにか、小さい頃の我が家のように、笑いのたえない家族に戻りました。

 

その中心にいたのは、いつもカブです。

 

父と母は一時、離婚騒ぎもあったくらいですが、カブのおかげで、夫婦仲はすっかり良い方向に進み、仲がよすぎて、少々うっとうしいくらいになりました。

 

そんな我が家の太陽だったカブが、2014年の年末、重い病気にかかりました。

 

カブイメージ3

 

あちこちの病院にいきました。

 

日に日に衰えるカブ。

 

最後には食事を受付けなくなりました。

 

病院の先生に、いまはかろうじて生きている。

 

体力を温存させるために、ムリにでも食べさせて、消化をよくするために、おなかをマッサージしてと言われました。

 

スプーンで流動食を食べさせる時、苦しそうにこちらをみつめます。

 

「食べたくないよ」

 

といっているようで、ボロボロ涙がでてきました。

 

翌朝カブは冷たくなっていました。

 

最後の日、食事をむりやり食べさせる必要はあったのでしょうか?

 

あとでしらべてわかったことですが、動物は身体の調子が悪い時、じっとして、身体の調子がなおるまで、食べないそうです。

 

食べものを胃の中に入れると、消化吸収するために、ものすごいエネルギーを消費するそうですし、体調を整える為の酵素を消化の為につかってしまいよくないそうです。

 

カブイメージ4

 

今はあの時、食べさせずにいればよかったと思ってなりません。

 

カブは、私が殺したようなものだと、悲しくて辛くて、たまりませんでした。

 

このこといらい、その指導をした動物病院の前を通ると、パニックになってしまうようになりました。

 

その動物病院は、通勤途中にあるものですから、通勤のルートも変更しました。

 

カブが死んでから、我が家は火が消えたように、静かになりました。

 

会話もなくなりました。テレビで犬の特集をしていると、だれかがテレビを消しました。

 

ペットフードのCMをしていると、チャンネルを変えました。

 

散歩をして、ワンちゃんに出会うと、目をそらせるようになりました。

 

10年勤めていた会社を無断欠勤するようになり、辞めました。

 

彼からのメールやLINEを無視するようになり、別れを告げられました。

 

私の中のエネルギーが、すっかり無くなりました。

 

毎日ベットから起き上がれなかった。

 

自分が許せなかった。

 

自分じゃなきゃもっと幸せにできていた。そう思い罪の意識にさいなまれました。

 

なんであの時「この子は私じゃなきゃ育てられない」そう思ったのか?

 

あんなに幸せをくれたのに、私はカブを幸せにできていたのか?

 

そう思いました。

 

泣きすぎてもう流す涙なんてない。

 

そう思っても、ことあるたびに泣いていました。

 

 

ある時、カブが夢にあらわれ、なにか伝えたそうにしていました。

 

それがとても気になり、気になり、昔にペットの気持ちがわかる人がいるという話を聞いたことを思い出して、ペットの気持ちがわかる占いを探しました。

 

無料のものと有料のものがありました。

 

無料のものをまずやりました。

 

単にタロットの意味が書いてあるだけで、ぜんぜん納得できませんでした。

 

バカにしてる。こんなんじゃない。すごく腹がたちました。

 

ペットの気持ち占い、アニマル・リーディング、アニマルコミニケーションというペットの気持ちを読むというのもしました

 

占ってもらったのは、総勢40名。総額で20万円を越えました。

 

お金のムダでした。

 

この人たちはわかっていない。詐欺だ。そう思いました。

 

 

絶望しました。カブがなにかを伝えたがっているのに…

 

そんな時、沖縄のユタという霊能者は、霊能力で動物の声が聞けるという話を聞きました。

 

ユタというのは、沖縄の霊能力者で恐山のイタコのようなものです。

 

またユタさんは、心神喪失状態の人をマブイグミという手法で、復活させるといいます。

 

最後にユタさんに見てもらおう。

 

それでムリならあきらめよう。そう思いました。

 

ただその前に占いで20万以上かけていたため、沖縄までの旅費がありません。

 

そこでユタについて詳しく書かれてあったサイトで紹介されていた、電話占いサイトのユタさんに相談する事にしました。

 

参考:口コミで当たると有名な沖縄ユタ一覧

 

電話占いというのは、全国の有名占い師に、電話で占なってもらえるサービスのことです。

 

電話占いサイトから登録して、電話で占なってもらいます。

 

なかなか予約が取れない先生ということで、このかたなら、大丈夫かもと思いました。

 

 

しかし人気の先生で見てもらうことが、なかなかできず抽選でやっと見てもらえました。

 

その先生は名前と西暦で生年月日を聞き、本人の気持ちにアクセスし霊感、霊視、霊聴などにより鑑定をしてくれます。

 

私は、なくなったペットの気持ちが知りたいとお願いしました。

 

鑑定が始まって、カブのことはくわしく何もいっていないのに、いろいろ当てられて、ビックリしました。

 

私しか知らないはずのこと、その時のカブの気持ち、などイロイロ教えてくれました。

 

驚きの連続でした。この人は本当に見えている。そう思いました。

 

そしてとても怖かったのですが、最後の日の事を聞きました。

 

そうすると、あの時は、苦しいって目をしてたんじゃなくて、辛そうにしているあなたを心配してたんですよ。

 

といわれました。

 

カブイメージ1

 

その瞬間、私のそばにカブがいる気配がしました。

 

こころが暖かくなって、ボロボロ涙が溢れてきて、声にならずに、先生ありがとう。カブありがとうって、泣きじゃくっていました。

 

辛かった気持ちが、すーっとウソみたいに抜けました。

 

カブに会いたい時は、いつでもおいでといわれました。

 

カブとまたつながれるそう思い、うれしくなりました。

 

声にならない声で、お礼を言い、そして鑑定を終えました。

 

いままでどんなペットの気持ち占いや、アニマルコミニケーションをしても癒されませんでしたが、たった30分話しただけで、こころから開放されました。

 

ユタさんの霊能力って本当にすごいんだなと思いました。

 

そして、その日の夜、カブが夢にあらわれました。

 

その顔はとても安心したようで…「僕のんびりと待っているね」そういっているようでした。

 

それいらいカブが夢にあらわれた事はありません。

 

その日から、徐々に元気になってきました。

 

1年間放置していた部屋を片付け、カブとの思い出の品も処分しました。

 

ココロの中で生き続けているし、先生とお話をすれば、カブとまた話すことができるそう理解したからです。

 

父と母にユタさんの事を話し、父も母も安心していました。徐々にですが、もとの明るさに戻ってきました。

 

 

美容室に行き、伸ばしっぱなしだった、髪をばっさりと切ってショートにしました。

 

1年前クビになった会社に事情を説明して、謝罪しにいきました。

 

社長含め、皆さん私の回復を喜んでくれました。

 

会社へいって3日後、社長から電話「よければもう一度働いてみないか?」

 

そう誘ってくれました。

 

もちろんすぐにOKしました。上司も同僚もなにごともなかったように、暖かくむかえてくれました。

 

振られた元カレに電話しました。

 

元カレに「一度めしでもいこう」と誘われました。

 

3時間くらいお話したあと、「もう一度やりなおそう」そういってくれました。

 

元カレの事は大好きだったので、もちろんOKしました。

 

カブが亡くなったことで、失った全てのものが、先生との出会いで、すべて元にもどってきました。

 

私は先生に会えたおかげで、ペットロスの苦しみから解放され、鬱状態から開放され、新しい人生を歩んでいます。

 

会社も彼氏も私を温かく迎え入れてくれました。

 

あなたも、ためしにお話をしてみてください。苦しみから解放されるかもしれません。

 

私がお願いした先生は、「瑛未(エイミ)」先生です。

 

 

先生に占ってもらうには、サイトに登録後、メールで名前を伝え、予約したいと連絡するのが、確実です。
抽選になるケースもありますが、あきらめなければ占ってもらえます。

 

以上私のペットの気持ち占い体験談でした。